最新情報

最新情報

ヘッドライトのハードコート構造と耐候性について

2020.06.19

ヘッドライトカバーには、表面の耐候性を向上させたり、紫外線からの劣化を防止したりする目的でハードコートによる塗装が施されています。

今回はヘッドライトのハードコート構造と耐候性について解説したいと思います!

 

  • ヘッドライトのハードコートは劣化するもの

ヘッドライトのハードコートは、紫外線の影響で経年劣化するものです。劣化すると黄色く変化したり、クラック(ひび割れ)が発生したりします。ハードコートが劣化し剥がれてしまうと、ヘッドライトの素材であるポリカーボネート樹脂自体も劣化していきます。

 

  • ヘッドライトのハードコート構造

紫外線による変色や傷を防止するため、製造工程でポリカーボネートに適した耐候塗料をレンズ表面に塗装しています。微量に含まれる有機溶剤は乾燥させることで取り除かれ、ハードコート施行されたヘッドライトが完成します。

 

  • ハードコート層の耐候性

ハードコート塗装により、ヘッドライトの透過性を維持するために十分な耐候性を手に入れることができます。現状ではハードコート塗装が、紫外線からヘッドライトの透過性を維持する最適な方法であることは間違いありません。

お問い合わせはこちらから