最新情報

最新情報

自動車に使われるプラスチック塗装について

2020.05.20

自動車には、内装やバンパー、アクセサリー用品などさまざまな部分で、多くのプラスチック製品が使用されています。

なぜプラスチックが採用されるかというと、車体の軽量化ができることと、塗装を行うことで、傷や擦れに強くなるだけでなく、カラーによっては、シンプルなものから高級感のあるものまで作り出すことができるからです。

普段車を乗らない方は、バンパーは金属でできていると思われている方もいるようですが、それは少し前の技術であって、樹脂やPP(ポリプロピレン)などの軽量の素材が使われることが多いです。

自動車メーカーがバンパーを金属から軽量素材に変えた大きなメリットは、車体の重さをできるだけ軽くすることができること、傷に強い素材であることなどが挙げられます。

内装のパネルや各パーツについても、軽量である特徴を生かしながら、塗装を行うことで車内の空間を魅力的に演出することができます。

平塚市の相模塗装株式会社は、創業50年の歴史ある工業塗装を行う会社です。モノ作りのお手伝いをいたします。何かご不明なてんやお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから